賃貸マンションで一人暮らし  ~ 賃貸マンションのすすめ ~

  • トップページ 一人暮らしのすすめ
  • 賃貸マンションで一人暮らし サイトマップ
  • お問い合わせ

当サイト、賃貸マンションで一人暮らしに関するリンク事項をまとめてみました。当サイト、賃貸マンションで一人暮らしはリンクフリーとなっております、もちろんどのページにリンクしていただいてもOKです!バナーは自由にお使いください。しかし、法律に触れるようなサイトなどはリンクをご遠慮させていただきます。

賃貸マンションで一人暮らし

トップページ  > 賃貸マンションのすすめ

賃貸マンションのすすめ

一人暮らしをするなら、お部屋を探さなければならないですよね。一人暮らしを始めるなら賃貸マンションをおススメします!

賃貸マンションをおすすめする理由はいくつかあります。そこでこのページでは、一人暮らしを始める人への賃貸マンションのススメについてご紹介します。マンションの購入を考えていた人は是非参考にしてみてください。

まず始めに、独身であったら絶対賃貸マンションがおススメ!一人で暮らすことを考えてマンションを買ったのに、結婚などがきっかけで家族が出来たら勿論一人暮らしではなくなります。そうすると、一人暮らしで十分だった部屋の広さが家族が出来ることで部屋が狭くなり生活しにくくなります。「結婚の予定なんてないから大丈夫!」と思っている人も、思わぬ出会いがあって結婚に結びついて家族がふえることだってあるかもしれないのです、そのことをよ~く頭にいれておきましょう。

今は仕事をしているけど、その職をいつまで続けるかわからない、もしくはいつかはクビになるかもしれない、先は誰にもわからないことです。マンションを購入しても「ローンで払うからそんなには負担はないから大丈夫だな!」と思っていても、会社から突然リストラされるかもしれません。そんなときに購入したマンションのローンはどう払っていきますか?「せっかく買ったから…」と言って、何十年もローンを払い続けるのも大変ですよね。もし賃貸マンションに住んでいる時にリストラをされた場合、家賃が今よりも安いところに移り住んだり、賃貸マンションをを解約して実家に戻るなど色々な方法があると思います。

他には、女性がストーカーの被害にあった場合を考えると、賃貸マンションをおすすめします。女性の一人暮らしはストーカーの被害にあいやすいとされています。購入したマンションに住んでいるときにストーカーにつきまとわれたりしたら、簡単には引越しなんてできないですよね…。「せっかく買ったのだから出て行くわけには行かない…」と思い、怖い思いをしながら住み続けなければならないのです。

その他には、思わぬ事故にあってしまい体の自由がきかなくなってしまった場合、マンションを購入していたら今後大変なお金がかかるのです。間違っても金融機関からお金を借りることはしないで!あとで過払い請求をしないといけない事態になるかも!体が自由に動くときに購入するマンションは、自分に住みやすいものであったり、デザインだけを重視していたりなど。それが急に事故などにあって体が思うように動かすことができなくなった、車椅子で生活することになった。となると、今まで暮らしていた部屋が一気に住みにくくなったり、生活しにくくなることでしょう。「バリアフリーを設置しればいんじゃない?」と思う人がいると思いますが、それにはすごい金額が必要となってきます。段差を平らにしたり、通路を広くしたり、手すりをつけたり。現在はバリアフリーの設備がしっかりした賃貸マンションも数多くあります。もしものことを考えて、マンションを購入せず賃貸マンションに住むことをおすすめします。

pickup

最終更新日:2014/10/10